てんかんの両方治療方法

てんかんは、過去には悪霊によるいたずらなどで認識されて恐ろしい天罰と不治の病に誤解されてきたが、てんかんは、比較的一般的な疾患であり、病気がある場合でも、十分に通常の生活をすることができるので、治療に取り組みながら、日常生活を充実させることが重要です。

てんかん発作は、脳の機能の一時的な発作的な放電に由来され、臨床的な面は、放電が起こる脳の解剖学的部位とその周辺の脳組織に拡散される形態に応じて様々に起こります発作は運動の一時的な中断や異常行動、感覚や知覚障害、行動障害、自律神経障害、意識障害などの様々な形で現れ、これらの症状が慢性的に繰り返されて起こるとてんかんと言うことができます。



てんかんの治療は、薬物療法と精神療法が活用されており、治療の過程でも、可能な限り通常の生活をしながら治療しなければならなく、大人は、いくつかの危険な仕事を除いては、職場生活をすることができ、レジャー生活や結婚生活ももちろん可能です。




漢方医学では、たんかんの原因を先天的なものと見て、痰や火、驚きをその主な原因として見て、その他に身体的な弱さと心の不一致を発症の主要な変数と見ています。



治療においては、痰をなくす薬と共に神経を安定させる薬、そして鍼、体の状態に合わせて体を補する薬物療法がてんかん発作の頻度と程度を減らすことができます。



また、抗けいれん剤の継続的な投薬は患者にとって体力の著しい低下を伴うことになり、漢方薬は、これらの点をある程度補完することができます。



http://www.ehimeh.rofuku.go.jp/patient/special/menopause/index.php
http://jdica.org/
http://www.osaka-dent.ac.jp/ip/