てんかんの治療方であるケトン食療法

てんかんの治療方であるケトン食療法は、断食をする時に現れる抗痙攣作用を持続させる方法で、既存のどのような薬物治療にも調整されない難治性てんかん患者の一部で、非常に効果的であることが知られ、最近、世界的に再び活発に利用されているてんかんの抗けいれん治療法です。

脳細胞は、普段は糖をエネルギー源として使用しますが、空腹時に糖が枯渇すると、脂肪から作られたケトン体をエネルギー源として使用することになるが、この時、エネルギーの生産が大幅に増加し、脳細胞の機能が強化され、抗けいれん作用が現れるといわれています。

銀座エリアの審美歯科の評判が高いです。

結局、ケトン食療法を開始するためには、体内に格納されている糖成分を全部消尽させるために2~3日間、断食しなければならず、以来、糖を極度に制限し、脂肪がほとんどである高脂肪低炭水化物および低タンパクの食事を維持しなければなりません。

神戸市中央区の歯医者に関する予備知識が満載です。

初期の断食期間や食事の適応と教育が必要な最初1~2週間は必ず入院して断食によって誘発される合併症を注意して観察しなければなりません。
ケトン食療法の抗痙攣効果は、治療機関によって差がありますが、既存のどのような治療にも調整されていない難治性てんかん患者の約半数でけいれんが完全に抑制されたり大幅に減少することが知られています。

若返り方法に有効なサイトの紹介です。

また、認知機能や行動障害も大幅に好転させることが知られています。


心斎橋のわきが治療の最新情報をご提供します。

てんかんが効果的に抑制された場合には、既存の抗けいれん剤を全部停止することが可能であり、約2~3年間の痙攣が再発しない場合は、再度、通常の食事に還元させることができる治療法です。

銀座でホワイトニングにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

https://www.facebook.com/imlpant
http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/html/guide/medicalinfo/urology/description02.html
http://www.jsco.or.jp/jpn/