てんかんの漢方薬物療法と鍼治療

てんかんはもはや不治の病ではありません。特に初期てんかんはいくらでも完治できます。

患者の体質や症状に応じて漢方薬物療法と鍼療法を施行すると、最初の患者は、2ヶ月、重症患者も6ヵ月以内に満足のいく効果を得ることができます。


てんかんの場合、原因を正確に見つけて治療すれば、最初は3ヶ月、慢性化した患者も6ヵ月以上で、発作消失など有意な効果が期待できます。

てんかんは、これまで不治の病として知られていたが、最近体質や症状に応じた新たな漢方治療法が試みされて関心を集めるようになりました。

てんかんは難病ですが、原因を正確に見つけ、早期に治療すればいくらでも治せる病気です。


漢方でてんかんは、後天的または先天的な原因に起因する心臓、肝臓、腎臓の異常に風と痰 、火などが頑固に固まって病気を引き起こすものと見ます。

このため、風、痰、火を除去して、心身を安定させる煎じ薬と鍼療法を着実に実施すると、発作がなくなる効果を見ることができます。


漢方薬で原因臓器を調節して、症状の発現を減少させ、場合によっては完治される場合もあります。

てんかんの治療は、最初の症状があらわれた初期に開始すると、治療率が高く、長くなるほど風と痰が頑固になるので、その分難しくなります。
通常、初期の患者は、3ヶ月、慢性患者は6カ月以上の治療が必要であり、病歴が長い患者は、 1年以上治療することにより発作の消失など明確な効果が期待できるようにます。

https://www.facebook.com/lasik.nagoya
http://miraifund.org/npo.php?id=19
http://www.dent-kng.or.jp/

ムダ毛情報サイトを利用しましょう。

ほうれい線のプチ整形情報が満載です。

銀座の審美歯科の評判情報がリニューアルしました。

渋谷の痩身情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

渋谷にある審美歯科のココだけの話をしましょう。